コウモリ駆除で安心生活|駆除はプロに任せましょう

男性

被害が大きくなる前に

男の人

コウモリが天井裏に巣を作ってしまうと、その被害は騒音だけではありません。一番被害が大きいのがその糞尿です。巣の中でコウモリは昼の間はおとなしくじっと夜を待ちます。その間に糞尿をするため、その量はかなりのものになります。糞尿がそのまま天井裏に染み込み腐ってしまったというケースもあります。また、染みだしてきて居住スペースに垂れてきたというケースもあるのです。コウモリの糞尿はキツイ悪臭を放ち、生活を過ごす事が出来ない程に被害をもたらします。また、コウモリの糞が溜まりすぎて天井が落下するという前例もあります。もし夜中に羽の音や這いずり周る音が聞こえたらコウモリの存在を確信しましょう。そして早めにコウモリ駆除業者に依頼しましょう。コウモリは、屋根裏に住み着き始めるとすぐに繁殖を開始します。通常は冬の間は冬眠し、夏にかけて活発化します。この夏の時期に子を沢山生むのです。コウモリのメスは一度の出産で3匹の子コウモリを生みます。そしてその後は倍々に増えて、天井裏を埋め尽くします。一匹の大人コウモリの体重は10グラムほどですが、これが何百匹と増えると相当な重量です。このように、コウモリを手の尽くす事が出来ないほど増える前にコウモリ駆除業者に依頼することがとても大事になってきます。もしそのまま放置しておくと、もしかすると命に関わる重大な事故を招いてしまう可能性もあります。気持ち悪い、関わりたくないという気持ちは分かりますが、後々後悔しないためにも、すぐにコウモリ駆除に乗り出しましょう。